最近の記事
最近の記事
担当スタッフ

STAFF COLUMN スタッフの日常のあれこれを綴ります。

2018年08月30日
黒い小さいカゴ

8月も終盤、平成最後の夏が終わろうとしています。
平成最後の夏という言葉は、なんだか切ない気持になりますね。
そんな切ない気持ちを吹き飛ばすほどの暑さがまだ続いているので、
出来る限り夏の思い出をつくろうと思います。

さて先日、といっても夏前の話ですが、
自転車に興味を持ち出した娘に、長男のお下がり自転車を与えました。
女の子だけど黒が好き、お下がりでも不満なく喜んでくれたのですが、
自分たちの自転車を見ていて、カスタムをしたくなったようで
カゴが欲しいとねだられました。

おねだりに応えたくなる自分がいいのか悪いのか、
折角なので、RIXEN&KAULのミニワイヤーバスケットを購入し、
16インチのHAROBIKEに取付けてみました。
黒色の自転車なのでバスケットも黒をチョイス
自転車のサイズ感にミニワイヤーバスケットがマッチして
まとまった仕上がりになったように思います。
娘もしっかり喜んでくれました。

子どもの成長は早く、今ではすっかり補助輪を外して自転車に乗れるようになりましたが、
まだまだ公道を走らせるのは怖いです。もう少しなれたら一緒に自転車で買い物などに出かけたいと思います。
平成の夏に出来るかな!?

マーケティング部 渡邊

2018年07月09日
新製品

先月、ヨーロッパ最大のアウトドア展示会「OutDoor Show 2018」が
ドイツのフリードリヒスハーフェンで開催され
弊社取扱いブランドのORTLIEBも出展し、来年発売の新製品「Atrack(エートラック)」が金賞を受賞しました。
この賞は、アウトドア産業における名誉ある賞での一つで
高度な技術革新とデザインを特長とする新製品および新技術に与えられています。
Atrackはバックパックとトラベルバッグの機能を装備しIP67規格に準拠した防水構造で
ORTLIEBによって新しいバックパックカテゴリを定義する目的で設計されました。

 

と、こんな話題がORTLIEBから届き、大変嬉しい気持ちになったのと同時に身が引き締まる想いになりました。
新製品の開発に至っては、ユーザー様が求めるものに対して開発者が様々な観点から向き合い、
組織による技術の進化を加えながら、幾度にもわたる検証を重ねて生まれてきています。
ORTLIEBに限らず全ての製品に、メーカーや開発者の想いがありますが、
私たちは取扱ブランドの日本の販売代理店として
日本の皆様に正しく伝えていく、この責任感を再確認した次第でした。

今週からは、同じドイツの会場でヨーロッパ最大のサイクル展示会「Eurobike Show 2018」が開催され
弊社取扱いブランドの殆どが出展し、各社新製品を発表するのでとても楽しみにしています。
この機会は開発者の想いを直接聞き取るチャンスでもあるので、
日本の皆様がもっと楽しくなるアイデアもプラスして思う存分の交流をしてきたいと思います。



マーケティング部 渡邊

2018年05月21日
TOJいなべステージ

5/22にツアーオブジャパンが地元のいなべで開催とあって、先日息子とコースの下見に行って来ました。
下見とは言うものの、実は前日に息子からいなべステージの質問攻めにあったので、そこに答えるのが主な目的でありました。



より忠実に、まずはスタート地点の阿下喜駅を自走で目指し、そこからパレードコースを走ります。
至る所に、大会のぼりが立っており気分を盛り上げてくれます。
パレードコースを気持ちよく走り、周回コースに差し当った地点から、フィニッシュの梅林公園まではやや上りのコース。
すれ違うサイクルリストの方々に元気をもらいながら、小学4年の息子も踏ん張ってついてきます。
コース周辺には名物?のかかし応援団が配され、レースが地域の皆様の支えられている事を再確認。
梅林公園で一休憩したあと、急勾配17%の激坂に挑戦しました。
前に挑戦したときは、あまりの傾斜とその長さに途中であきらめてしまいましたが、この日はなんとか足をつけずに登頂成功。
あんまりキツいと息子が自転車が嫌いなりそうなので、次の山岳地点まではゆっくりとゆっくりと走りました。
山岳地点からは楽しい下りのコース。多くのサイクルリストに抜かれながらも、私たちなりにスピード感ある走りを体感し
最後はいなべステージの目玉ヘアピンカーブで締めました。



この日は、1周14.8kmの周回コースとパレードコースを走りましたが、選手は周回コースを8週、計127kmを走り戦います。
息子には想像できなかったようですが、コースを体感したことでサイクルレースをより身近に感じたようでした。
いなべステージは明日が本番、選手の皆さんがんばって下さい。

マーケティング部 渡邊

2018年03月26日
自転車旅

ここ名古屋も桜の開花が宣言され、日中はすっかり春めいて来ました。
春の陽気は気持ちよく、自然とワクワクした気分になり
どこか遠くに出かけたくなりますね!

そんな気分にぴったりなイベント「BIKE&CAMP」をご存知でしょうか。
自転車での旅をテーマに、その魅力に多くの方に知ってもらおうと、
主催者の方が長年計画し、昨年はじめて三重県のキャンプ場で開催されました。
弊社も参加させて頂きましたが、このイベントにはサイクル業界のみならず、
アウトドア業界からも沢山のメーカー/小売店様が参加され
テントの張り方、ワンバナーを使った料理の体験、自転車への荷物の搭載、サイズ感やその重量など
自転車旅に必要なあらゆる企画が盛り込まれました。
対話や体験を通じて、子供から大人まで沢山の方に笑顔があり
人と人との繋がりが生まれたり、旅力を養われていたことが印象的なイベントでした。

今年も6月に第2回のBIKE&CAMPが開催されますが
主催者の方もHPを立ち上げたり、オフィシャルSNSを活用して、
さらにパワーアップした発信をされております。
旅や冒険好きの方にはたまらないイベントだと思いますので
今年の計画にBIKE&CAMPを加えてみてはいかがでしょうか。

https://www.bikeandcamp.net/
https://ja-jp.facebook.com/BIKEANDCAMP/

マーケティング部 渡邊

2018年01月29日

 
先週は関東や東海地方など広範囲で雪が降り寒い日が続きましたね。
寒い季節は体も崩しやすいので、適度な運動や休息を取り入れて
体調を整えてまいりたいと思います。
 
さて先日、友人達と岐阜県に遊びに行ってきました。
ちびっ子8人、大人5人で1泊2日の小旅行です。
年に数回家族ぐるみで旅行やキャンプを楽しんでいますが、
この日ははじめてスキーにチャレンジしました。
スキーがはじめての子供達は、ビクビクしながらも好奇心いっぱいで、
気付けばそれなりに滑っています。
自分も久しぶりの事だったので、うまく出来るか心配でしたが、
何とかそれなりに… 滑れたように思います。
 
2日目は白川郷へ。
近くにいるし、雪積もってるし、晴天だし、間違いないだろう!って事で
友人家族を巻き込んで、はじめて白川郷に行きました。
思っていた以上に観光地化されており、イメージと違った部分はありましたが、
ローケーションは完璧で、昔の人の知恵や暮らしを感じることができました。
 
年に数回の出来事ですが、子供達は交流を楽しんでいるし、
自分達も気分転換できるので、毎回テーマを変えながら続けて行きたいと思います。
 
マーケティング部 渡邊

2017年11月20日
やさしい時間

肌に触れる風も涼しさから冷たさに変わり、
晩秋の気配を感じられるようになりました。
これから一段と寒くなる季節に向けて
体調や環境を整えて元気に過ごしてまいりたいと思います。

この時期は、年末や来年に向けた準備に
まっしぐらな私たちマーケティング部ですが、
気持ちの切り替えや環境の変化も兼ねて
例年より少し早くオフィスにクリスマスツリーを設置しました。



ツリーの設置や飾り付けはメンバー全員で行なったため
短い時間ですみましたが、この一瞬に皆が夢中になり、
楽しい時間を過ごせたように思います。

たった15分でも日常に変化を加えると、
普段聞けない会話や普段見れない笑顔がうまれるので
このような時間は大切だなとあらためて実感しました。

マーケティング部 渡邊

2017年09月21日
ドイツの自転車文化

8月末から9月上旬にかけてドイツで開催されたEUROBIKEに行ってきました。
私にとって初めてのドイツ訪問でしたが、ヨーロッパの日常的なサイクル風景をまじまじと見た事で
文化として定着している様子がよく分り、はじめて海外に行ったかのような感動的な経験となりました。
写真はマルチスポーツショップで買った旅ごはん。パッケージにはORTLIEBも写ってます。
残念な事に1つしか買わなかったので、開封せずコレクションにいたします。

マーケティング部 渡邊

2017年07月20日
活発な時期

日も長くなり、遊びなどの活動も活発になってきましたね。
お仕事やプライベートで毎週末どこかで誰かとお会いしているような…
日頃より濃厚で楽しい時期ですが、調子に乗って体調を損ねないよう
生活のリズムは整えてまいりたいと思います。

さて先日、友人家族とキャンプに行ってきました。
かれこれ10年以上の付き合いとなるこの友人とは
年に数回しか会えないですが、毎年夏に近づくこの時期に
お互いの子供たちを連れてどこかに行くようにしています。

今回選んだ場所は長野県南部にある某キャンプ場。
目の前には中央アルプス、振り返れば南アルプスがそびえ立つ抜群のロケーション。
元々田んぼだったのか、斜面に沿って段々になった棚田のようなサイトは広々しており
開放感に満ち溢れた風景は、子供たちもにとっても
自分たち大人にとってものびのびでき自然を体感できました。

夏は楽しいことや活発なことが要因で体調を崩しやすい季節でもあります。
快適な睡眠やバランスのとれた食事で
皆さまそれぞれの楽しみ方で夏を満喫してください。

マーケティング部 渡邊

2017年05月15日
ねじり橋

休みの日は早起きし自転車に乗るようしています。
朝の澄んだ空気は気持ちがいいし、なにより自由な時間に喜びを感じます 。
連休中のこの時期は田植えシーズンということもあり、水が張った田んぼに映り込ん景色を見たり、
用水路を流れる水の音を聞いたり、今しか出来ない楽しみが味わえました。

用水沿いの道を辿って着いたのは、私が住む街のちょっとした観光名所、ねじり橋。
日本に残る数少ないナローゲージ路線のひとつ「三岐鉄道北勢線」を支える橋で、
用水と斜めに交差していることから、アーチ橋下部のブロックはひねりを入れて積まれており、
その美しい曲線と技術の高さから土木遺産に認定され、北勢線の代表的な撮影スポットにもなってます。
電車が映った写真はこの日撮れなかったので、次回のお預けに…。



連休中は、家族サービスをはじめ様々な出来事がありましたが
四季折々の景色を自転車でゆったり楽しむこのような時間の過ごし方が、
自分には一番のリフレッシュになりました。

マーケティング部 渡邊

2017年03月16日
日本語カタログが刷り上がりました

パソコンやスマホで簡単に情報が見れるwebカタログも良いですが、
紙のカタログは違った魅力があって好きな方も多いのではないでしょうか。
私のその一人で、限られたスペースで整理されたカタログは見やすいし、
欲しい品物であれば、ページをめくりながらワクワクする感覚は
どこか懐かしく楽しい気持ちになるんです。

そんな視点も持って、ユーザーの皆さんに楽しんで見てもらえるような日本語カタログを今年も作りました。
分りやすい表現を心がけ、言葉や写真、必要なスペックを整理し、
イメージ写真を大きくあしらったブランドの世界観たっぷりの冊子です。
今回制作したのは、ドイツの「SCHWALBE」「ORTLIEB」「RIXEN&KAUL」で
各ブランドが自信を持って発売した新製品もたくさん掲載しております。

現在、全国のサイクルショップ・アウトドアショップへの発送に向けてスタッフ総出で準備の真っ最中。
効率化・機械化も必要ですが、こういった作業こそ手作業で
真心込めてお届けしたいので、お手元に届くまであともう少しだけお待ち下さい。

マーケティング部 渡邊